FC2ブログ
TITLE 炭焼き小屋の見学 その2 2018.08.08

 

ENTRY
伊勢原の運動公園に、煤ヶ谷の方が20年ほど前に作った炭焼き小屋を見学してきました。

後半です。

炭焼きの副産物として、木酢液を取ることができます。

炭焼き小屋 

ホームセンター等で販売している炭は、マングローブ等を使った輸入物。

同じ様に火はつきますが、炭特有の火種が長く持つことはありません。

燃え尽きてしまうんですよね。


炭焼き小屋 

日本の木で作った炭は、火種を長く持つことができ、

小さくなってもまた次回使うことができます。


炭焼き小屋 



炭焼き小屋 

こちらは、炭の分別。


炭焼き小屋 

いい炭が出来上がりました。


炭焼き小屋 


こうして紹介すると、あっさりですが、

3日3晩火を入れる
 ↓
火を止めて2週間~1か月置いて、冷めてから炭を出す

ずいぶんと時間と労力がかかっています。


木炭と木酢液 

こうしてみると、このお値段もとても安いと思うことができます。

とても勉強になりました。

----------------------------------
 結の樹 よってけし
 神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷1103-51
 電話&FAX:046-288-2595
 携帯:090-6129-8996
 メール:yottekeshi@gmail.com
 -------------------------------------
 ↓よってけしのメールアドレスが読み込めます。
 メールQRコード 
お弁当の注文などお気軽にご相談ください。
 ※返信は、携帯アドレスの場合があります。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

よってけしオーナー

Author:よってけしオーナー
神奈川県清川村の清水ヶ丘団地で、地域活動拠点「よってけし」を運営しています。
地域の皆さんの気軽に立ち寄っていただける様に、カフェスペースやお弁当作り&配達等しています。
おかしも作ってるよ。

営業カレンダー

営業カレンダーです

検索フォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

(* ̄▽ ̄*)ノ" THANKS

(*゚▽゚)ノ な~う

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR